季節が変わって

番組改編時期になると気になるのが、いつも見ている時間帯のドラマの次回作がどうなるのかということである。

はそれこそ1年とか半年のドラマが多くて、季節ごとにこんな心配にはならなかったけど、最近のドラマは大体が1クール3か月で、次の季節にはまた新しいドラマがやってくるので、それがあたりになりそうか外れになりそうかと、番組内容等を見るのが楽しみでもあり恐怖でもある。

 

テレビ朝日などは、水曜日の21時台や木曜日の20時台でのシリーズものも多く、そういう点ではかなり安心していられるのだけど、その他の局はそういう継続作品がないので特に心配だ。

 

それこそ昔は、TBSの月曜日20時台や木曜日21時台にシリーズが組まれていたけど、これも時の流れというものなのか、その時間帯どちらも今はドラマ枠が廃止されてしまってとても残念だ。

 

昔と違い、録画はできるしネットでも視聴できると、リアルタイムに見る必要もなくて視聴率が低下するのは仕方がないとはいえ、視聴率が少ないということはすなわちCMを見ることも少ないということで、ドラマ制作のためのスポンサーが資金提供を渋るという背景も少なからずあるらしいが。

 

そしてまたその改正時期が来た。案の定テレビ朝日は安定していたけど他局のドラマがさてどうなるか。

 

暫くは番組情報から目が離せない。

 

ただ、本当に仕事を辞めたいのであれば、本当はテレビを見ている時間などないのであろう。

 

その時間を勉強したり、副業にあてれば、将来じぶんで会社を作るような人間になれるかもしれない。

 

目先の小さな楽しみに心を奪われて、将来を棒に振っているとも言える。

 

大げさだと思うだろうか。

 

でも、天からいい仕事やお金がふってくるなんてラッキーな話はない。

 

結局、日々自分が努力するしかないのだ。

 

そう考えると、習慣こそが人生を変える唯一の方法かもしれない。

 

仕事を辞めたければダラダラするのを辞めることだ。